絵画みたいな日常

絵画みたいな日常

今日、10時過ぎ。

外に出たらこんな風景が。

わぁぁ・・・・

すごい、絵画みたいだ。

で、思わずぱちり。

そのあと駆け寄って一緒に手をふりふり。

見えなくなるまでお見送りをしました。

こちら先頭が副支配人の藤城。

その後ろが山崎部長。

ふたりとも、おなかのシルエットがまあるくていい感じです(くく)

それにしても今日は本当に海も空もきらきらで

外を見るだけで癒される最高の日でした。

お客様も綺麗な伊豆七島、みてくれたかなぁ。

今頃お夕食の時間。

たっくさん、漁師飯食べて 温泉に浸かって

疲れをぜーーんぶ落としていってほしいな♪

へっぽこ やまなかあやでした

今日も絶景。

最高の秋晴れです。

ブログを更新するたびに最高最高って

山中教祖みたいになってますが、みなさん、

最高ですか!(だからそれ)

いなとり荘の今日のお天気・・・最高です♪

じゃん

なんという青空。青い海。

こちら、一般客室の和室10畳のお部屋です。

今露天風呂付のお部屋がとても人気で

露天付指定のお問い合わせがとても多いのですが

なんの!一般客室の和室もこんなに抜群の景色です( *´艸`)

リーズナブルだけど、お料理は漁師町フルコース。

鮑の踊り焼きや金目鯛の姿煮、金目鯛のしゃぶしゃぶに

かさごのからあげ、お刺身、いなとり荘飯・・・

盛りだくさんで 本当にコスパ最高だなぁと

スタッフが言うのもなんですが、しみじみそう思います。

皆さん、ほっとしに 海を眺めに なーーんにもしない、をしに

ぜひいらして下さい♪

へっぽこ やまなかあやでした

これがおいしいんです

昨日の夕方17時過ぎ。

調理場をうろうろ徘徊しておりましたら。

じゃーん

じゃーーん。

板さんがこれから金目鯛を煮始めるところ。

うわー、うわー、きれいー!おいしそう!

とひとりで騒いでおりましたら

「お前も煮てやるぞ」(にやりっ)

・・・・えっ(汗でた)

「あ、えーとー・・・・おいしくなりすぎちゃうんで大丈夫です!」

(満面の笑顔)

とすたこら逃げ帰ってきました。

でもしっかり写真はわすれないこのくいしんぼう根性。

それにしても綺麗な金目さんだなぁ。

継ぎ足し継ぎ足しのタレでこのあと短時間で一気に煮上げます。

お客様の元にはできたてあつあつを。

それにしても、毎日この金目鯛を見ているのに

大好きすぎて本当に飽きません・・・・

見るたびに、お客様より高いテンションでおなかが鳴る山中です。

最後に白米にこの煮汁とねぎ、しょうが、おかかをかけて食べる

いなとり荘を用意してますので

皆さん、お腹をすかせていらして下さいね♪

へっぽこ 山中 綾でした

あぁ・・最高の景色・・

本日も最高の秋晴れ。

チェックアウトされたお部屋をおそうじおそうじ。

・・・しながらもこの眺め。

なんて贅沢なんでしょう

思わずぱちり。

本当に船にのっているみたい。

お掃除してくれるオバチャマたちは毎日この風景の中で

一生懸命やってくれているんだなぁ。

しみじみ海を見ながらそんなことも考えておりました。

ここで1日を過ごせたら本当にリフレッシュできるなぁ・・・・

どのお部屋もこの眺めなので、皆さんぜひぜひ

伊豆船旅へいらしてください♪

インスタやTwitterでは動画でもご紹介していますので

お時間ある方はぜひぜひのぞいて頂けたら嬉しいです((*’▽’)

へっぽこ やまなかあやでした

かえるくんの恋

先日。

お刺身の横でたたずむきゅうりかえるくんを見つけました。

かわいいなあ、なごむなあと思いつつ

その翌日のお昼

ふとレストランにいくと・・・

あっ

オレ、きゅうりでできたかえる。

いつもみんなにきゃーかわいいって言われてすましてるけど

オレだって悩みはあるのさ。

実は・・・刺身ツマのつま子に惚れてんだ。

でもあいつが真鯛のタイ男に惚れてる事は

わかってる。

お客さんがこない昼になるとこーやって海見て

ツマ子を思ってたそがれてんだ。

でも・・・・

やっぱりお客さんの喜んでる顔見ると

がんばんなきゃなぁって

思うんだよなぁ。

・・・・・・・・・・きゅうりかえるくんにも

いろいろあるようです。

がんばれかえるくん!!!

へっぽこ やまなかあやでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

ページの先頭へ戻る

  • 宿泊プラン一覧
  • 空室カレンダー
  • 会員登録
  • 予約キャンセル
〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1531
Tel.(0557)95-1234 Fax.(0557)95-1907