実は、大女将の・・・

実は、大女将の・・・

いなとり荘 10月15日(日)  へっぽこ山中日記

 

わたくし。

2017年7月に新しくOPENしました、5Fの客室「潮騒倶楽部」について

申し上げたい事がございます。

 

このお部屋ね。

実はまだみなさんにお伝えしきれていない素敵なところがございまして。

まず今日はちょぴりご紹介。

 

実は5Fの潮騒倶楽部。

新しくこのお部屋を作ろう!という時に社長が思いを語りまして

どうしても、と亡くなった大女将への思いがこめられているんです。

大女将、つまりそれは社長が赤ちゃんの時から一緒にあそんでくれた

おばあちゃん。

ただこのおばあちゃん、只者ではありませんでした。

みなさん、おばあちゃんといったら、しかもそれは大女将だったら

こんな人をきっと想像するでしょう。

優しくて海のようにおおらかで、にこにこしていて、まじめで

煙草なんてすいません、賭け事なんてやりません!!

 

・・・ですよね。

 

でもこのおばあちゃん、みんなから人気者のにぎやか大好きわいわいばあちゃんでした!!

楽しい事だいすき。人を集めてみんなでわいわいが大好き。

そしてそして花札は死ぬほどつよい!

よく近所の人たちをこてんぱんにしていた、という話は今でも有名です。

 

 

80歳をすぎてもそれはそれは元気で勢いがあって、

そしてお客様へのお部屋の挨拶は欠かさず毎日、

社員みんなに元気にはっぱをかけてくれる

女将を引退してからも毎日いなとり荘のラウンジにコーヒーを飲みに来て

ロビーの植木に丁寧にお水をやる。

ちなみに山中、あるときふと呼ばれ、何かと思いいくと

「こら綾、わたしが死んでもこの木だけは絶対からすなよ。

毎日水をやるんだよ、やらなかったら・・・」

 

うんうん(真剣にうなづいている)

 

「化けてでてやる!!きゃっははははは!!!」

 

えっ(V)o¥o(V)

「うそ?!化けてでる?!いやだぁぁぁぁぁぁ!」

 

このばあちゃんに化けて出られたら絶対一晩中花札だ、無理!!わたしむり!

と後ずさったのを覚えています。

 

そんなハイカラで粋なおばあちゃんでしたが、お客様の事を本当に大切にしていました。

今でも、予約の電話を受けると「大女将はねぇ」と懐かしそうに

色んな話をしてくれる昔からのおなじみ様が沢山いらっしゃいます。

 

亡くなる少し前、ばあちゃんの枕元で話をしているとふいに

綺麗な目でじ、っと私の顔をのぞき

「あや、もっと近くにおいで」

 

うん、おばあちゃん、なあに

「あんたは本当にきれいな目をしてるねえ。

その目があるからあんたはお客様に一生懸命つくすんだよ。

大丈夫、あたしが保障してあげるからな」

 

とにこっと笑ってくれたのを今でもはっきり覚えています。

 

みなさん、いなとり荘の元大女将、ってスタッフに言ってくれたら

みーんな「ああ、あの粋なハイカラばあちゃん!!!!」

とにこにこしながら話をするでしょう。

 

そんなおばあちゃん、実は館内のここにいますっ きゃは!!

 

 

 

こちら、5Fの潮騒倶楽部「粋(すい)」の部屋の前。

 

この紺色の布、実は大女将の着物なんです。

 

この潮騒倶楽部をOPENする前に、社長の思いで

今回の潮騒倶楽部の客室に

元大女将だったばあちゃんの思いを引き継ごうというコンセプトですすめたんです。

 

だから、5Fの潮騒倶楽部はほらっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら一番ラグジュアリーな露天付の暁。

ね、この布♪

 

ほかのお部屋の部屋ネームも是非見てみてくださいね。

 

 

 

 

ちなみに、1年前にOPENしました6Fの潮騒倶楽部はこちら。

 

 こちらはこんな模様なんですよ。

 

6Fの潮騒倶楽部は、しっとりした雰囲気。

廊下の壁の色、部屋全体も

重みがある落ち着いた風合いです。

 

 

一方、5Fの潮騒倶楽部は木の色調でどことなくあたたかみがある。

 

廊下も、お部屋の雰囲気もそんな風に感じます。

 

大好きだった大女将ばあちゃんがあったかい人だったからなぁ。

 

・・・なんて、わたし勝手に思ってます♪

 

5Fの潮騒倶楽部は全部で5部屋。

暁(あかつき)

海邦(みくに)

月灯(つきひ)

恵海(めぐみ)

そして最後に、粋(すい)

 

スタッフがそれぞれに思いをこめて名づけましたが、

一番最後のコーナールーム、粋だけは社長自らが名づけました。

 

とても粋(いき)だったばあちゃんへの思いをこめて、「SUI」です。

 

このお部屋は、なんと今館内で一番人気になりました。

1部屋しかないからなかなか予約がとれない!!と電話で訴えを

頂く事もしばしば・・・申し訳ありません!

この人気もばあちゃんの思いがあるからかなぁ♪

 

 

そんな、社長の思いをちょっとご紹介してみました。

5Fの潮騒倶楽部には、実はまだちょっとした「しかけ」がありまして

 

 

 

その話はまた今度♪

お泊り頂いたみなさん、気づいた方はもういるかなぁ♪

 

今度ご紹介しますねっ♪

 

 

へっぽこ山中綾でした

 

 

伊勢海老が安いっ!!

いなとり荘 10月13日(金)  【へっぽこ山中くいしんぼう日記】

 

みなさん。

突然ですけど、わたくし山中がこの世で一番好きな食べ物。

それは世界人類の共通認識だとは思いますけど

 

そう!

海老。

 

 

(あっ今となりで「へーそうなんだ、確かにうまいよなー」って言われた・・

おかしい・・・世界共通認識のはずなのに、こんなはずではぶつぶつ)

 

ま、まあ気を取り直して、わたくし、海老が死ぬほどすきなんです!

 

だからだからっ

この10月、伊勢海老解禁で安くなっている今!

じっとしていられるわけあがりません、ねえ、そうでしょう?

 

 

どりゃーーっ

 

ねえねえっ

すごいでしょ?!この伊勢海老!

 

これ、先日 稲取港の前で行われました、

伊勢海老まつりに呼ばれてもいのに押しかけて

大騒ぎしてとった1枚です。

「ぎゃー!!あの海老でっかい!持ちたい触りたい写真撮らなきゃ絶対かえんないぎゃーぎゃー」

 

と騒いでいたら稲取の男衆が自らガバっと出して持たせてくれました。ひひ。

 

ずしっ。

 

 

 

てお、重かった・・・

やまなか、こんなに大きい伊勢海老初めて見ました。

こんな特注サイズの伊勢海老、旅館でも見た事がありません。

いくら出したら食べられるのかなぁ・・・何万円するんだろう・・・

 

というわけで、港の強風に吹かれ髪の毛ぼっさぼさなのは

いいとして、記念だからぱちりっ

 

 

これこれ、これやりたかったんだぁ。

 

 

ちなみに今、伊勢海老解禁でいなとり荘でもとーーってもお得に

安く仕入れる事が出来るのでほんとーうに今がチャンスです!!!

普段1匹5000円の伊勢海老が、なななんと3000円なんですっ!!!

 

 

・・・・・・っくうううーー私が買いたいっ!!!!!!

(歯、くいしばりっ!)

 

 

どりゃーーーっ

ああああーーーー

 

たまらない!

これ、伊勢海老祭りで稲取の男たちがその場でバリッとさばいて

調理する様子。

そしてそしてーーーーー

 

焼いてたーー!!!

 

 

・・・もうずるい!

私だってたべたい!!

でも伊勢海老の味噌汁はタダで飲んだ(どさくさ)・・・。ぼそ。

 

 

そ、そんなわけでみなさん、

伊勢海老の別注もお得だし、

伊勢海老プランもお得につくっちゃいました。

1人1匹伊勢海老がついてきますよ♪

 

 

伊勢海老解禁プランはこちらをクリック♪

 

みなさん、伊勢海老ってほんとーーうにおいしいですよ。

 

わたしも安いうちに、買ってたべよーーっと♪

 

 

海老好きの仲間、あつまれーー♪

海老について一緒にそのおいしさ、語らいましょうよ(V)o¥o(V)♪

 

 

へっぽこ山中綾でした

蛙なの?!きゅうりなの?!

いなとり荘 10月8日(日)  【へっぽこ山中くいしんぼう日記】

 

さあ、レストランまもなくオープン。

お客様が入口でチョイスするお刺身たちはならんだかなーーーー??

 

 

おおお、並んでる並んでるっ

 

・・・・・て、んん?

 

しまあじさんや真鯛くんたちの前で何やら甲高い声が聞こえる・・・誰?

そーーーっと近づいてみよう

 

そーーー・・・・

 

手前:「ねえ、米倉涼子のあれ、また始まるんだってよ」

奥:「ああ、あれだべ?ドクターソックス」

手前:「やだ、ちがうわよ、えっくす!!!」

奥:「あ?そだっげが?あんのーお医者さんのやつだべ」

手前:「そうそう、あれアタシすきでー毎週みてたわよー」

奥:「いんやーおりゃだめだぁー切ったり縫ったり見でらんねぇっぺよー

なんだががわいぞで もう耐えられまへんがな」

手前:「ちょっとあんた出身結局どこよ。」

 

 

ちょ・・・

ちょっと。

あなたたち、きゅうりなの?かえるなの!?

で、やっぱり出身どこよ?!

ねえねえ、どっから来・・・・・

 

板前さん:「はいはい、レストランオープンするよーー」

 

手前蛙&奥蛙『しーーーーーーーーん(おしゃべりぴたっ)』

 

 

ちょ、

 

ちょっと!!!

まだ聞きたい事あるのに!

板さんの前では 本当はしゃべれる事内緒なんだ!

ねえ、そーなんだ!

 

なんで蛙なのにきゅうりなの?

ねえ、どっから来たの?

お客様の前ではしゃべんないの?

普段どこで仕事してるの?

ねえねえ、ねええええ!

 

 

「しーーん」

 

 

・・・・・・・なにさ。

今度絶対つきとめるんだからねっ

私もドクターXすきだしっ

毎週録画するしっ

 

 

 

このあと、お客様が続々レストランにいらっしゃる中、

この蛙たちは最後まで「しーーん」を貫きつつも、

時に女子たちに「きゃーーかえるーーカワイイーーインスタインスター!」

などと囲まれ、ちょっとみずみずしくなってたように見えたのは内緒です。

 

次こそ絶対正体あばいてやるっ

あと、出身どこよ!

 

 

 

へっぽこ山中でした

 

 

 

 

映画みたい・・・

9月27日(水)  【うっとりへっぽこ山中日記】

 

みて!!!ねえ、みてーーー!!!

 

 

映画みたい・・・・

でもこれ、9月25日のいなとり荘前なんです。

ほんとうにものすごかった・・・・

画像加工なんて、一切していません。

 

夕方、仕事をしていたら外の方へ出て行ったふみ子番長の

「ぎゃーー!!!!!」という叫び声が。

(「KYAー」じゃないですよ、「GGGYA-!!!」ですよ)

バタバタバタバタ!!!!と私の所まで猛ダッシュで走り寄り

私をバシバシ全力で叩き

「ねえ!すごい!ゆうやけ!!すごい!!ねえ!!!!」

と泣きそうな顔をして(←感動しすぎている顔です)

また一目散に出て行った・・・

 

 

ちょっ・・・

 

 

まって!!ねえまって!!!わたしもいくからまって!!

電話出る人いなくなっちゃうけど・・・・ちょ、ちょっとまって!!!

 

・・・と外に出ると・・・・・この風景です。

 

もう、本当に一面の茜、赤、ピンク。

広がる海まで幻想的な青茜。

(「青茜」ってなんだかいいなぁ。ぼそ)

 

いなとり荘に来て、こんなに感動する夕焼けを生れてはじめてみた!

と今まで思っていたけれど、この日の夕焼けがダントツで一番でした。

 

「ああ、すごい・・・・・・・・」

としばし呆然とみあげ ふと後ろをふりかえると

ふみ子番長もうっとりみあげてる。

山:「あっ、ふみこさん、すごい!かおまでピンク!!!」

ふ:「え、うそっ」

山:「ほんと!かわいい!かーわーいーいー!!!」

ふ:「やっだぁ~ば・か♪」

山:「やっだぁ~う・そ♪」

 

 

ふ:「えっ?!」

 

 

 

んっ?

・・・・・・・・あっ仕事もどらなきゃ!

だだだだだだだ(逃げる山中)

 

お客様、みてくれたかなぁ。

年に何回か、こーんなに一面に空も海も、染まる日があるんです。

本当に素晴らしかった。

でもこの日思いました。

私の上司のふみ子番長は、当然ながら私より先に退職していなくなっちゃう。

あと何回、こんな夕焼けを一緒にみられるかなぁ・・・って。

あと何回一緒に「ぎゃー!!!ゆうやけ!!!」と叫んで走り出し

一緒にほっぺたピンクにしながら感動できるのかなぁって。

これからもずーっと一緒にこの夕焼けみたいなぁ。

 

 

そんな事考えてしんみりしてないで、がんばらなきゃねっ(^O^)

 

でもほっぺたピンクの番長は本当にかわいかったです♪

 

 

魔法の国みたいでしょ?

きれいだなぁ

わたし、この風景おばあちゃんになっても一生忘れません。

 

 

へっぽこ 山中綾でした

ナンパな真鯛

9月23日(日) 【秋だ空腹だへっぽこ山中日記】

じゃーーーーーん

 

ああ、もうつらい・・・・・

 

 

なんなんだ、この真鯛の姿盛りは・・・

白い身がきらっきらして・・・

 

 

食べても食べても空腹の山中ですこんにちは。

みなさんきいてくださいよ

私はね、この真鯛のブログを冷静に書く為に、

ただそのためだけに!!今社員食堂でラーメンを先におなかにいれて、

このブログに挑んでいるわけですよ。

だって空腹でまたこの真鯛をみちゃったら

仕事になりませんからっ!

電話に出てくれている上司のふみ子番長の声は聞こえない事にして

上司よりも先に、昼食のラーメンをたべなければならない。

どう考えても仕方ないです。ああ、つらい・・・・。

 

だって、空腹でこんな真鯛のっけたら正気でいられるわけないじゃないですか

ねえ、みなさんもそう思いますよね?そうだそうに違いない

 

 

 

昨日の夕方17:30。

また天の声に呼ばれている気がして調理場をうろうろしていたら

空腹の山中の前にこの真鯛はあらわれたわけです。

「おーーい、山中ーおれ、さばかれたて。ヤバイぜ。もうぴっちぴち」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これ幻聴か?

 

「おいおい、オレオレ、山中オレのこと好きじゃんー知ってんぜ?

真っ白い見た目とか、かめばかむほど、みたいなとこたまらないんだろ?」

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

チャラ男みたいな口調でなんなんだこの真鯛。

・・・まあ、そのとおりだけど・・・。

 

でもどっちかっていうと白いより少しくらい焼けてて、かめばかむほどもいいんだけどほら、

山中鈍感だからなんていうかこう、わかりやすくガバっ!と来てくれたほうが

あっ、でもそんなにガシガシ来られても照れ屋だからわたしこまっちゃうっていうか、

でも行かないでっていうか、

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・はっ

 

 

 

 

・・・・・ごほんごほんっ

 

 

なんだ、その、えー・・・・・

 

 

そうだ!真鯛ですよ!

 

 

とにかくねぇ、この真鯛が本当にきらきらぷっくらして

この数分後にはお客様のお口に運ばれるんだと思うと

もうたまらなかった昨日の17:30なわけです。

 

お客様、美味しかったかなぁ・・

しっかりわさびをつけて食べただろうか・・・・

 

お酒と合わせて食べただろうか・・・・

 

 

さばきたてのお刺身って本当に美味しそう。

なんの調理をしなくてもそれだけでごちそう。

何より贅沢なごちそうです。

 

 

みなさん、いなとり荘でおいしいお刺身召し上がって下さいね。

私も今夜はお刺身にしよーーっと♪

 

へっぽこ山中でしたっ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

ページの先頭へ戻る

空室検索

検索

  • 宿泊プラン一覧
  • 空室カレンダー
  • 会員登録
  • 予約キャンセル
〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1531
Tel.(0557)95-1234 Fax.(0557)95-1907
  • ペスカードいなとり
  • 季一遊