大好きなんです、このお部屋「粋」

大好きなんです、このお部屋「粋」

いなとり荘 11月22日(水)  【へっぽこやまなか日記】

 

 

みてみて、この眺め。

最高なんです、もう。

 

 

日が暮れる間際の粋。

この客室はコーナールームな為

海の正面もガラス窓、サイドも窓、ととっても贅沢な造り。

まさに船旅をしているような空間なんです。

わたし、何度もつぶやいてみました。

「あのーー・・・・社長、あのですねぇ、この部屋で、鮑や伊勢海老や金目姿煮がついた料理で

平日2名宿泊すると、ひとり24000円て安い・・・んじゃ・・・・なんて、なんてね

思ったりし・・・」

 

 

社長「ダメ。調子にのらないの」

 

 

・・・・はい。

 

い、いやっ!でもね、社長、前お客様にいわれたもん!

「この部屋だったら箱根は5万するよ!安すぎるんじゃないの?」って!!!

 

社長「ダメ。調子にのらないの」

 

 

 

・・・・・・はい。

 

 

 

 

社長に一蹴されしょんぼりするやら 反省するやら

なんだかほっとしたりもして(*^_^*)

 

いやしかしこの「粋」と同じ造りの「星辰」というお部屋もしかり

館内に1部屋ずつしかなく、数か月先まで埋まってしまうのが

本当にせつない。

沢山の人に味わって頂きたいこの眺め、落ち着く室内・・・・

 

そして潮風香るこの空間。

 

あああ。

山中も両親を招待したいなぁ。

 

いつかこのお部屋でゆっくりしてもらう日を夢見てがんばろうっと。

 

 

皆さん、いなとり荘の眺めは最高です。

お値段以上に満足してもらいたい!

この海に助けられながら  これからも

みんなでがんばっていこうと思います(*^_^*)

 

 

へっぽこ 山中 綾でした

 

 

 

これがかの有名な、稲取肉チャーハンだ!

いなとり荘 11月19日(日)  【へっぽこ山中くいしんぼう日記】

 

みなさん、アレ

 

知っていますか?

アレですアレ。

 

セブンイレブンでも地域限定でいち時期販売されていた、アレ。

 

 

そうっ!!!

全国からこれを食べに稲取へめざしてくる(いやホントなんですよ)

 

稲取の「肉チャーハーーーーン!!」

 

それっ

 

 

うあ・・・・おいしそう・・・

夕食前の今、もうたまらないです。つらい。

 

こちら、先日みんなで「無性にたべたい!」と出前でとった

稲取の肉チャーハン。

なんだよ、普通の中華丼じゃん。と思うでしょ?

山中もね、稲取に住むようになって初めはそう思ったんです。

でも一口食べて、そのうまみとコク、こってりとした

あとひくうまさに「こんなのはじめて・・・」と

目がハートになったのでした。

ご飯には炒った卵がまざりあっていて 本当に最高。

そしてすごいボリュームです。

「肉チャーハン」ってネーミングは昔から稲取でそう呼んでいたからみたい。

 

 

みなさん、稲取にきたら是非肉チャーハンを食べてみてください。

ほんとーーーうにたまらないから!!!

 

 

ああ・・・もうおなかが鳴ったので帰ろう、そうだそうしよう

 

 

 

しゅたたっ

 

 

 

おあとがよろしいようでっ♪

 

 

 

へっぽこ山中でした

ほっとする自分にはっとする

いなとり荘 11月17日(金) 【へっぽこ山中日記】

 

じゃーーん。

 

こちら、客室から先日撮った朝日♪

うーーん。きれい。

今、朝日があがるのは6時20分くらい。

早起きしないと見られませんが

本当に見る価値アリ!です。

なんだか心が洗われるよう。

いやこれほんとですよ。

この山中の心が洗われるってんだから相当な浄化がこの朝日の力にはあります!

どうだ説得力あるだろーーへへん。

 

そしてそして

こちらは、同じお部屋から撮った夕日♪

 

 

 

うーーん。いい・・・・・。

 

朝日は左側、この夕日は反対の右側をむくと見えます。

 

いなとり荘は一面海しかない景色。

お部屋から真正面ではなく

朝日はとっても左、夕日はとっても右なんです。

それでも両方みえる宿♪

都会と違って夜は驚くほど自然で暗いので

満点の星空、月がある日は海に浮かぶ それは綺麗なムーンロード。

疲れた時なんかにふと空や海をみると

はっとするほど癒されるんです。

 

毎日忙しくお仕事をしている方

おうちのことで息切らしてがんばっている方

いろんな事でせかせか時間を過ごしている方

 

ぜひぜひいなとり荘へいらしてください、

自然て、風景って、こんなにほっとするんだ・・・って実感します。

そして、「こんなにほっとする気持ちになる自分」にはっとして

何かが見つかるかもしれません(*^_^*)

 

田舎で海の幸と、自然と、風景、そして田舎モノだけど

あったかいスタッフみんなでお待ちしております♪

 

山中 綾

台風のなか、ありがとう

いなとり荘 10月22日(日)

台風が来ております・・・。

こちら稲取もだんだん風が強くなってきました。

が。

バスでお越しになった団体様も全員無事到着。

ご家族連れやカップルのお客様も無事ご到着。

ああ、よかったぁ。

電車の乱れもなく、道路も通常通り。安心しました。

みなさん、本当によく来て下さいました。

支配人や女将はじめ

 

フロントスタッフや私たち予約係

 

運転手の中嶋、などなど

 

みーーんなで「ああ、よかったねぇ」

「こんな日に来てくれるなんてありがたいねぇ」

「ほんとだねぇ」

とわいわいやっております。

本当に、ありがとうございます。

 

まだ雨も降っていない午前中からはりきってカッパを来て

外に飛び出し

「なんだよ・・・・まだ晴れてるじゃねぇかよぉ・・・」

とすごすご戻ってきた山崎支配人はみんなに「バッカじゃないの」

「雨男のくせに 準備すると晴れる男」

「なんだあのカッパの色」

「モンスターズインクかよ」

「だからね、センスが」

とさんざん言われ自分も一緒に大爆笑。なんて平和ないなとり荘。

 

脱ぎ捨てられた、モンスターズインク色のカッパだけが

ぽつねん。と取り残されているのが笑えます。ぷぷ。

 

 

明日の午前には、こちら稲取を抜け

皆さんが無事出発できることを願っております。

 

さあ、夕食の時間だ!

みなさん、ゆ~っくりしてくださいね

(*^_^*)

 

お客様に感謝をこめて

 

 

へっぽこ山中綾でした

 

 

 

 

実は、大女将の・・・

いなとり荘 10月15日(日)  へっぽこ山中日記

 

わたくし。

2017年7月に新しくOPENしました、5Fの客室「潮騒倶楽部」について

申し上げたい事がございます。

 

このお部屋ね。

実はまだみなさんにお伝えしきれていない素敵なところがございまして。

まず今日はちょぴりご紹介。

 

実は5Fの潮騒倶楽部。

新しくこのお部屋を作ろう!という時に社長が思いを語りまして

どうしても、と亡くなった大女将への思いがこめられているんです。

大女将、つまりそれは社長が赤ちゃんの時から一緒にあそんでくれた

おばあちゃん。

ただこのおばあちゃん、只者ではありませんでした。

みなさん、おばあちゃんといったら、しかもそれは大女将だったら

こんな人をきっと想像するでしょう。

優しくて海のようにおおらかで、にこにこしていて、まじめで

煙草なんてすいません、賭け事なんてやりません!!

 

・・・ですよね。

 

でもこのおばあちゃん、みんなから人気者のにぎやか大好きわいわいばあちゃんでした!!

楽しい事だいすき。人を集めてみんなでわいわいが大好き。

そしてそして花札は死ぬほどつよい!

よく近所の人たちをこてんぱんにしていた、という話は今でも有名です。

 

 

80歳をすぎてもそれはそれは元気で勢いがあって、

そしてお客様へのお部屋の挨拶は欠かさず毎日、

社員みんなに元気にはっぱをかけてくれる

女将を引退してからも毎日いなとり荘のラウンジにコーヒーを飲みに来て

ロビーの植木に丁寧にお水をやる。

ちなみに山中、あるときふと呼ばれ、何かと思いいくと

「こら綾、わたしが死んでもこの木だけは絶対からすなよ。

毎日水をやるんだよ、やらなかったら・・・」

 

うんうん(真剣にうなづいている)

 

「化けてでてやる!!きゃっははははは!!!」

 

えっ(V)o¥o(V)

「うそ?!化けてでる?!いやだぁぁぁぁぁぁ!」

 

このばあちゃんに化けて出られたら絶対一晩中花札だ、無理!!わたしむり!

と後ずさったのを覚えています。

 

そんなハイカラで粋なおばあちゃんでしたが、お客様の事を本当に大切にしていました。

今でも、予約の電話を受けると「大女将はねぇ」と懐かしそうに

色んな話をしてくれる昔からのおなじみ様が沢山いらっしゃいます。

 

亡くなる少し前、ばあちゃんの枕元で話をしているとふいに

綺麗な目でじ、っと私の顔をのぞき

「あや、もっと近くにおいで」

 

うん、おばあちゃん、なあに

「あんたは本当にきれいな目をしてるねえ。

その目があるからあんたはお客様に一生懸命つくすんだよ。

大丈夫、あたしが保障してあげるからな」

 

とにこっと笑ってくれたのを今でもはっきり覚えています。

 

みなさん、いなとり荘の元大女将、ってスタッフに言ってくれたら

みーんな「ああ、あの粋なハイカラばあちゃん!!!!」

とにこにこしながら話をするでしょう。

 

そんなおばあちゃん、実は館内のここにいますっ きゃは!!

 

 

 

こちら、5Fの潮騒倶楽部「粋(すい)」の部屋の前。

 

この紺色の布、実は大女将の着物なんです。

 

この潮騒倶楽部をOPENする前に、社長の思いで

今回の潮騒倶楽部の客室に

元大女将だったばあちゃんの思いを引き継ごうというコンセプトですすめたんです。

 

だから、5Fの潮騒倶楽部はほらっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら一番ラグジュアリーな露天付の暁。

ね、この布♪

 

ほかのお部屋の部屋ネームも是非見てみてくださいね。

 

 

 

 

ちなみに、1年前にOPENしました6Fの潮騒倶楽部はこちら。

 

 こちらはこんな模様なんですよ。

 

6Fの潮騒倶楽部は、しっとりした雰囲気。

廊下の壁の色、部屋全体も

重みがある落ち着いた風合いです。

 

 

一方、5Fの潮騒倶楽部は木の色調でどことなくあたたかみがある。

 

廊下も、お部屋の雰囲気もそんな風に感じます。

 

大好きだった大女将ばあちゃんがあったかい人だったからなぁ。

 

・・・なんて、わたし勝手に思ってます♪

 

5Fの潮騒倶楽部は全部で5部屋。

暁(あかつき)

海邦(みくに)

月灯(つきひ)

恵海(めぐみ)

そして最後に、粋(すい)

 

スタッフがそれぞれに思いをこめて名づけましたが、

一番最後のコーナールーム、粋だけは社長自らが名づけました。

 

とても粋(いき)だったばあちゃんへの思いをこめて、「SUI」です。

 

このお部屋は、なんと今館内で一番人気になりました。

1部屋しかないからなかなか予約がとれない!!と電話で訴えを

頂く事もしばしば・・・申し訳ありません!

この人気もばあちゃんの思いがあるからかなぁ♪

 

 

そんな、社長の思いをちょっとご紹介してみました。

5Fの潮騒倶楽部には、実はまだちょっとした「しかけ」がありまして

 

 

 

その話はまた今度♪

お泊り頂いたみなさん、気づいた方はもういるかなぁ♪

 

今度ご紹介しますねっ♪

 

 

へっぽこ山中綾でした

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

ページの先頭へ戻る

空室検索

検索

  • 宿泊プラン一覧
  • 空室カレンダー
  • 会員登録
  • 予約キャンセル
〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1531
Tel.(0557)95-1234 Fax.(0557)95-1907
  • ペスカードいなとり
  • 季一遊